100%SPEEDTRAPを徹底解剖!?

九州内で正規販売店はまだ当店のみのアイウェアブランド100%(ワンハンドレッド)、ロード世界選手権で3連覇を達成したペテル・サガン選手愛用のアイウェアとして非常に有名です。

実際に使ってみたらどうなのかは誰もが気になるところだと思います。

当店ではお試しで着用していただける様にはしておりますが、遠方のお客様だとお店に足を運ぶのもなかなか難しいかもしれません。

 

ですので、今回は100%のSPEEDTRAP(スピードトラップ)とアイウェアブランドで良く目にしますOakleyのjawbreaker(ジョーブレーカー)を比較してみようと思います。

尚、申し訳ございませんが当店でOakleyの取り扱いはありませんのでご了承下さい。

まずは正面から見てみましょう、今回運良くカラーデザインが良く似たモデルで比較する事が出来ました。

向かって右側が100%のSPEEDTRAPで左側がOakleyのjawbreakerです、全体的に角張った形なのがSPEEDTRAPで丸みを帯びた形がjawbreakerとなりますね。

SPEEDTRAPはよりレンズ中央付近が広く取られているのが分かります、前傾姿勢になった時にフレームが視界に掛かるのを避ける為にこうなっております。

 

後ろからはこの様になっております。

SPEEDTRAPもjawbreakerも共に視野を上下にも左右にも広く取れる様にデザインされている為、ぱっと見比べてもレンズの大きさにそこまで違いがある様には見えませんね。

 

斜め前方よりフロント部を大きく写してみました。

レンズを広く取ると風抜けが悪くなり、掛けている最中に熱が篭りレンズが曇る場合があります。

その曇りを抑える為に両モデルでレンズとフレームの間やフレーム下部(これはSPEEDTRAPのみですが)に風抜けの為の隙間が設けられています。

 

側面はこの様になっており、これまた両モデルでテンプルの長さを3段階で調整出来てフィッティングに関してはしっかりと調整できる様になっております。

但しフレームの硬さが違うからか掛けた際の締め付けられ感はSPEEDTRAPの方が強く感じます、掛けた際の安定感に繋がるので必ずしもそれが不快感には繋がらないとは思います。

購入を考えていただく際には掛けていただいて必ずご確認されて下さいね。

 

実際にヘルメットを被ってそれぞれのアイウェアを掛けた見た目はこうなっております。

両モデル共にレンズは広くデザインされておりますが、こうして見比べてみるとSPEEDTRAPの方が更に広くデザインされているのが分かります。

掛けてみてみますとjawbreakerでもしっかりと視界の広さは取ってあります、SPEEDTRAPはそれよりも広くなっておりフレームが邪魔する事はまず無いと言って間違いないです。

 

値段も共に定価は¥30,000-前後となっており、価格面から見ても違いは殆どありません。

共にサイクリストの為を考えてデザインされ作られたモデルであり、どちらが優れていると言うよりどちらも優れていると言うのに相応しいと感じました。

お客様に一番合ったアイウェアを探す中でこの記事が役に立てれば幸いです、その上で当店より100%のアイウェアを選んでいただければスタッフとしては言う事ありません。(`・ω・´)

お気軽に問い合わせや来店しての試着をお待ちしております、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です