バーテープをお洒落に、滑りにくく

こんにちは

熊本は連日暑い日が続いてますね。サイクリングされている方などは熱中症にも十分お気を付けください。

ここまで暑いと日中は走るのをためらってしまいますね。しかし、早朝などは涼しく、走りやすかったりしますよ。また、パーツを変えたりして走るモチベーションを上げていきましょう(笑)

そんな中で今回はバーテープのご紹介です。自転車に乗っている時も目につきますし、写真を撮る時なども目立ちますよ。今回はLIZARD SKINS(リザードスキンズ)を使ってみました。

LIZARD SKINSはバーテープの厚さが1.8mm、2.5mm、3.2mmの3種類から選べます。今回使ったのは2.5mmのブラックカモです。

握り心地やショック吸収性に優れ、汗にも強い2.5mm厚の”デュラソフトポリマー”バーテープ。LIZARD SKINSの中では1番スタンダードな厚さになります。LIZARD SKINS特有のしっとりとした握り心地も気に入ってます。バランスも良くオールマイティに使えそうです。

2.5mmのバーテープ。ラインナップの中で1番種類が豊富です。

1.8mmのバーテープは2.5mmのものに比べよりハンドルをダイレクトに握ってる感じが強く操作性が良く感じます。ただ、クッション性で言うと薄くなっている分、振動は感じやすくなります。レースなどでハンドルをしっかり握る方などはこちらの方が好みかもしれません。

3.2mmのバーテープはクッション性に凄く優れ、ロングライドやブルべで活躍してくれそうです。また、通勤や通学、日常使いでロードバイクやシクロクロスを使われている方など車道や歩道を行き来したり、少し荒れた路面を走る方にはオススメです。

バーテープの厚さによって表面の感じが違ってきます。

 

ドロップハンドルの自転車に乗っていれば、乗っている時間分手に触れていますので、疲れにくく握りやすいものが良いですよね。

ただ、あくまで握った感じやクッション性は好みの部分でもありますので、気になる方は1度お試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です