Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル展示発表会

遅くなってしまいましたがBianchi2019年モデル展示発表会で見てきました車体を上げていこうと思います。

写真がスマートフォンでしか撮っていないのでちょっと画像が小さくて見難くなってしまっています。

その上、写真を撮る技術も持ち合わせていないので…本当に申し訳ない限りです。

 

まずはこちら、OLTRE XR3 ノーマルモデル&DISCモデルです。

XR3自体はトップグレードであるXR4譲りの万能性を持つモデルで、我々ホビーレーサーでも扱いやすく様々な用途にも応える仕様となっています。

更にこのDISC版はスルーアクスル及びブレーキのフラットマウント増設による剛性増を抑え、過剛性にならないように再設計されています。

 

次はそのトップグレード、OLTRE XR4です。

写真のカラーは新色のBlack Carbon UD/White Fully Glossyです。

伝統のチェレステカラーも格好良いのですが、この白と黒のシンプルなカラーリングも良いですね。

XR4はエアロ性能、剛性、登坂性能、安定性、振動除去からくる疲労軽減性とあらゆる要素が高レベルで実現されているピュアレーシングモデルです。

 

こちらはARIAです、TTバイクのAQUILA CVの流れを組むフルエアロバイクです。

OLTREとは違ったアプローチで設計されており、エアロ性能はOLTRE XR4に匹敵しています。

また剛性から見るとOLTRE XR3と同レベルに仕上げてありますが、値段を抑えコストパフォーマンスに優れています。

ARIAもOLTRE XR3と同じくDISCモデルが発表されています。

 

こちらはFENICE PRO、メタルフレームのフラグシップモデルです。

フレーム素材のアルミニウムにスカンジウムを添加した合金を使用しており、更に軽さや快適性に剛性等が高まり高性能な素材となっています。

設計自体もピュアレーシングモデルを目指し、非常にハイレベルな性能を有しています。

 

こちらはVIA NIRONE 7、ベストセラーのエントリーモデルです。

今年はコンポーネントに新型105(R7000系)を採用したグレードが復活しております。

また全グレードでケーブルを内装型にして、よりすっきりとした見た目とメンテナンス性を手に入れています。

 

日本でも流れが来つつあるアドベンチャーバイクであるZurigo&Impulso All Roadです。

更に今年より新しく追加されましたOrsoがこちらです。

これらのモデルの特徴としてはロードバイクなのに道を選ばず走っていける楽しさですね。

ちょっとした砂利道であっても、この先には何があるのだろうどんな景色が見れるのだろうと好奇心の赴くままに進める…

街乗りからキャンプツーリングにまで対応でき、場所を問わず自転車の楽しさを味わえます。

 

こちらは従来のCAMALEONTEに代わるスタンダードなクロスバイク、C・SPORT 1です。

値段も手ごろな価格で、700×35Cと言う太めのスリックタイヤなので段差の多い街中でも安心して乗っていただけます。

また、ROMAと名付けられたクロスバイクシリーズもあります。

こちらはデザインが新しくなり、更に所有欲を満たせる一台となりました。

上から見てもこのようにフレームに車体名がデザインされており、どこから見ても格好良いです。

 

小径車も見ていきましょう、こちらはLECCO & MINIVELOシリーズです。

1・2枚目がLECCO、こちらはPISAシリーズの後継モデルです。

3~6枚目がMINIVELOシリーズです、従来はドロップハンドルモデルもありましたが2019で全てフラットハンドルとなっています。

特に大きく変わったのがMINIVELO-7 Ladyで、フレームの上側が湾曲して非常に乗り降りがしやすくなっています。

 

このように様々なモデルでデザイン等のリニューアルが行われており、なかなか写真では全てをお伝えするのが難しい状況です。

店頭にはお見せできるカタログもございますので、気になるモデルがあれば是非ご来店いただきスタッフに直接問い合わせてください。

また、2019年モデルの早期予約も受け付けております。いち早く新モデルを手に入れるチャンスですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です