ドイツブランドBOMBTRACKよりグラベルバイクHOOK EXT入荷しました

Bombtrackは、ドイツのケルンに拠点を置くBMXを中心とした多様なブランドを生み出してきましたWe Make Things社のポートフォリオの中のブランドの一つです。

We Make Things社と20年間一緒にバイクを生産してきたチームが設計、製造、組み立てを行っているBOMBTRACKのバイクには、バイクが好きな人であればより細部へのこだわりや品質の高さを感じられる様なこだわりを感じる事が出来ます。

開発にあたってBombtrackが重視しているのは、ライダーの経験と知識を活用して既存の枠にとらわれずにバイクを最適化することです。

例えばグラベルロードバイクのHOOKを開発の際に7日間のMTBレースであるTransalpに参加したり、大陸横断レースに参加してその性能を実証したAudaxが挙げられます。

 

今回当店に入荷したのは700Cタイヤとロードバイク用コンポーネントを備えた、万能の自転車として広く受け入れられつつあるグラベルロードバイクであるHOOKシリーズの1つ、ホイールを650Bに換えて走破性を更に高めたHOOK EXT(フック エクステンション)です。

まず目を引くのはクロームモリブデン鋼(クロモリ)をフレーム素材として採用した独特のスリムなデザインです。

独特のしなりを持ち路面からの振動を吸収しつつライダーのペダリングにはバネのように弾むように応答するこの素材は、レース素材としてカーボンが一般的になった現在においても高い人気を集めています。

超長距離を走るアドベンチャーライドにおいてはカーボンフレームと比較して重量で劣ったとしても堅牢性、積載性、イージーメンテナンス等の重量を上回るメリットを享受し得る素材です。

 

次に注目したいのは、他メーカーのグラベルバイクと比べても太さが分かるタイヤでしょうか。

HOOK EXTは650×52Cまでの極太タイヤが装着可能なクリアランスを確保しているフレームの作りとなっています。

こういう太いタイヤはエアボリュームが大きく路面の追従性に優れるとともにパンクのリスクも低いので、アドベンチャーライドに向いていると共に舗装路や特に下り坂では絶大な安心感のある乗り味となります。

 

採用されているコンポーネントは1×11システムのSRAM RIVAL 1が採用されています。

フロントシングルにする事によって軽量化とトラブル発生防止に繋がり、タフなコンディションでの使用が考えられているHOOK EXTにはぴったりの選択ではないでしょうか。

ブレーキも制動力と安定性を兼ね備えた油圧ディスクブレーキです、従来のグラベルバイクでは躊躇してしまうような状況下でも安心して乗っていただけると思います。

 

HOOK EXTは様々な条件下のどのような道であってもグラベルロードバイクらしく速さや安定感を求めて走れるように生み出されましたが、様々なエクストリームツーリングバイクを手掛けているBOMBTRACKはグラベルロードバイクであってもツーリング向けの機能にも力を入れています。

キャリア・フェンダー・各種ケージ等の取り付けに活用できるアイレット(ダボ穴)がフレームの各部に開けられていたり、別売りのフロントハブダイナモを取り付けた際に配線をすっきりさせる事が出来る様にフォーク内部を通せるインターナルライトケーブルルーティンが採用されています。

これらの機能により、通勤通学と言った日常使いから超長距離ツーリングやグラベルライド等の非日常を体験できるアドベンチャーサイクリングまで様々なシーンで使い勝手の良いバイクとなっております。

BOMBTRACKは今回入荷したHOOK EXT以外にもグラベルバイクやツーリングバイクやシクロクロスにアーバン向けモデルまで数多くラインナップされています、店頭でご覧いただけるカタログを用意しておりますので気になる方のご来店を心からお待ちしております。

HOOK EXT サイズ:S-500mm カラー:マットメタリックグレー

完成車価格:\318,000-(税抜)

 

BEACH LINE BICYCLEの公式オリジナルアプリをインストールしよう!!

ダウンロードはこちらのQRコードからお願いします。

 ※上記QRコードは、App Store、Google Playを自動で認識します。

また以下のボタンからでもリンクで飛べます。

App StoreGoogle Playから「ビーチラインバイシクル」で検索すると出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です